ボーディングスクールのメリットと費用について

subpage01

全寮制となるボーディングスクールでは、学業の他にも、両親や家族と離れて暮らすことで、自立心や人とのコミュニケーションといった将来において必要となる能力を養うことができます。

All Aboutならこちらのサイトがオススメです。

現在、スクールは世界各国にあり、中でもアメリカのテンスクールズと呼ばれる10校は、多くの著名人を輩出するなど、入校難易度が非常に高いことでも知られています。

ボーディングスクールの特徴としては、まず、教師の質が高いことがあります。各スクールでは厳しい採用条件を設けており、ここでは、しっかりとした研修を受けると共に、経験が求められます。

また、私立の場合には給与も高く、その分、質の高い教師が集まってきます。

次に、優れたカリキュラムがあります。


ボーディングスクールには歴史のあるとことも多く、生徒には、徹底した教育カリキュラムとエリート養成などの実績のあるノウハウが提供されます。
3つ目としては、環境が整っている点があります。私立校では寄付金の額も多く、そのためにIT等、最新の設備が設けられています。


また、図書館が完備されており、施設は、規模、蔵書共に充実した内容になってます。ボーディングスクールでは、大学進学のためのサポート体制を設けているところが多く、ここでは、進学のためにカウンセリングから指導など、専門の常駐スタッフによって徹底した戦略が練り上げられます。



必要となる費用は、スクールによっても違いはあるものの私立校では年間で500万円〜1、000円かかることになり、費用には寮費、食費が含まれています。

高校留学情報サイトについて考えます。

ボーディングスクールでは成績優秀な生徒に対して奨学金制度を設けており、半数近くの生徒が受けているところもあります。