資質を磨き高めボーディングスクール

subpage01

私たち日本人は今、少子高齢化という問題に直面しています。さらにこの問題は進んでいき、2025年には高齢者の人数がピークを迎えると予想されています。それだけではなく、2050年には日本の人口が、8000万人台まで減ってしまうというのです。


すると、内需は大きく減りますので、海外の市場から経済を得ていかなければ成り立たなくなってしまうのです。

あなたが探していた高校留学の最新情報をご提供します。

つまり、海外の市場で活躍できる人材が必要となります。海外には、このように世界の市場で活躍できる人材を育てる学校があります。



それがボーディングスクールです。

All Aboutの情報が更新されています。

ボーディングスクールは、アメリカをはじめイギリスやカナダ、ニュージーランド、スイスなどにあります。

世界のさまざまな国から子供たちが留学していて、多様な人種が集まっているのです。

またボーディングスクールは、全寮制の学校のため、このような子供たちが共同して暮らしています。


生徒だけではなく、先生やスタッフの多くも一緒に暮らしているのです。

学校のクラスはひとクラス10人程度の少人数制となっていて、先生が生徒の一人一人に細やかなサポートと教育を施しています。個性を重視して、自ら資質を高めて可能性を広げ、将来を切り開いていくような教育をしているのです。


このことは、日本のような一律の教育とは全く逆であると言えるでしょう。

そして学校のキャンパスには、カウンセラーや看護師が常駐していますので、ケガや病気、悩みごとがあっても、すぐに対応ができるのです。