ボーディングスクールに通うメリット

subpage01

ボーディングスクールは訓練を早い時期から始めていきますが、多感な時期の学生一人一人の個性を理解した上で学生には課題を考えさせて発表させ結果をしっかりと評価してあげることでその個性を尊重します。

アメリカのボーディングスクールの約300校のうち1クラス辺りの学生数の平均は12名となっています。

All About情報といえばこちらです。

先生と学生の比率は1対7となっており徹底した少人数クラスを実践していることがボーディングスクールの特徴となっています。



留学生のクラスはそれ以下であることが多く、少人数のクラスであるためより充実した授業を受けることが出来ます。


また講師の質も高いことで有名でボーディングスクールの先生は60%以上が大学院を終了しています。



先生の中には教えることを愛しており一生涯同じ学校で過ごす人たちもいます。ボーディングスクールには一生涯同じ学校で過ごすような長い間同じところに滞在している先生もいれば実力を評価されて3年くらいの周期で学校が変わる先生がほどよく混在しています。
このようなバランスが学校を活性化させていると考えられますが、どちらのタイプの講師も非常に優れた人材であることは間違いありません。
日本から行くには若い時期から家族と離れて仲の良い友達もいない環境でやっていくことになるので不安なことや金銭的なことで気になることはあるかもしれません。
しかし少人数で質の高い講師に優れたカリキュラムで授業を受けることができる学校はなかなか他にはありません。


読めば解る

subpage02

私たち日本人は今、少子高齢化という問題に直面しています。さらにこの問題は進んでいき、2025年には高齢者の人数がピークを迎えると予想されています。...

NEXT

留学の基本知識

subpage03

ボーディングスクールに入るためには授業以外で何をしていたのかも非常に大切になってきます。学校の授業は毎日5科目中心でそれらの成績も重要になってくるのですが、何よりも重視しているのが勉強以外の活動についてです。...

NEXT

学びたい知識

subpage04

ボーディングスクールに入学すると受けることが義務付けられているテストにSSATがあります。SSATはいわゆる共通テストでアメリカのボーディングスクールを目指す場合はこのテストをスキップすることが出来ません。...

NEXT

驚く情報

subpage04

全寮制となるボーディングスクールでは、学業の他にも、両親や家族と離れて暮らすことで、自立心や人とのコミュニケーションといった将来において必要となる能力を養うことができます。現在、スクールは世界各国にあり、中でもアメリカのテンスクールズと呼ばれる10校は、多くの著名人を輩出するなど、入校難易度が非常に高いことでも知られています。...

NEXT